愛知県の情報ならココ!観光・デート・マッサージ・飲食店など

愛知県情報あいちけん 愛知県の名物
味噌カツ、モーニング、
あんかけスパゲティー、
えびふりゃー、きしめん
愛知県刈谷市のマッサージ
〜 愛知県の名物 〜 とは




味噌カツ
トンカツに、八丁味噌などの豆味噌、鰹出汁、砂糖をベースに店によって様々なものを加えて甘くした独特のタレをかけたもの。
名古屋人にとって、トンカツと言えばこの独特の味噌ダレをかけるのが普通である。

もともとは、串カツにこの地方の特産である米麹を使用しない味噌、いわゆる八丁味噌を使ったどて煮に浸して食べたのが始まりで、一部ではこの食べ方を守っている地域や伝統的な店もある。
(一説には、とある大衆食堂で、客に出す寸前のトンカツまたは串カツを誤ってどて煮の鍋に落としてしまったため、客には出さずに賄いとして食したところ、美味であったのでメニューに加えたのが始まりとも言われる)
しかし、その濃厚な味と香りが、「食の大衆化」には向いていなかったため、戦後次第に八丁味噌をなにかで「割る」という方法で、大衆に受ける味への模索がされていった。

一般的な形の味噌カツは、三重県津市の「カインドコックの店カトレア」で始まったとされる。
カトレアの味噌ダレがカツオなどのきいた甘くゆるめのものなのに対し、名古屋の味噌ダレは、赤味噌の色を濃く残した、こってりとしたものが多い。
また愛知県の一部の食堂では、トンカツを頼む際に「味噌かソースか」を尋ねられる事がある。
ちなみに、おでん、湯豆腐にも味噌をかけて食べる。


まとめ:トンカツの上に甘辛八丁味噌をかけたもの。(煮込んだものもあり)
からしを付けて食べてもうまし。口の中は味噌パラダイス。
おいしい味噌カツの作り方


モーニング
中京地方の喫茶店の多くは朝方にドリンク類を注文する客に対して、モーニングサービスを行っている。
名古屋を中心とする中京地方では量やサービスが他地域と桁違いなことで知られる。
一般的には厚切りトースト、ゆで卵、ミニサラダ(又はフルーツ) 等が無料あるいは格安で提供されるが、
食べ放題であったり、和食のサービスとしてうどんやおにぎりをつけたりもする。

まとめ:安くいっぱい食べたい愛知県民の心を捉えたサービス。
毎日利用するため、朝食は自分で作ったことない人もいるらしい。

小倉トースト

トーストにマーガリン&小倉をぬったもの。
モーニングで出てくることはもちろん、愛知県の学校給食に出ることもある。
甘い餡をマーガリンがまろやかな味する。菓子パンに近い味。
コンビニやスーパーでも販売している。
他地域の人は「えー」と思うが、一度はだまされたと思って食べてみるべき。
牛乳と合う。

あんかけスパゲティー
油で炒めた太いスパゲッティに、中華料理の餡のような粘りがありコクのある辛味のきいたソースがかけてある。
この辛味は胡椒をたっぷりと使うためである。
ミートソースを名古屋人好みの味に仕立てようとしてできたと言われる。
具はウインナー、タマネギ、ピーマンが一般的であり、そのほか、エビフライなどの具がトッピングされたメニューも好まれている。
1960年代以降、中京圏で広まり、今では独特の食文化として、名古屋名物の一つにあげられる。
老舗に「スパゲッティハウス そ〜れ」と「スパゲッティハウスヨコイ」とあり少し味が違う。ともにあんかけスパゲッティ発祥を名乗っているため、どちらが先に考えついたものなのかは定かではない。
名古屋では、多くの喫茶店で味わうことが出来る。


まとめ:ピリカラのとろみのあるソースがかけられたパスタ。
正直、名古屋人でも好き嫌い分かれる。

えびふりゃー、天むす
「えびふりゃー」とは普通のエビフライのこと。
名古屋名物とされているが、もともとは名物ではなかったか。
テレビ番組で「名古屋ではエビフリャーと言う」と放送されてから有名になり、名物となった。
サンドイッチにはさんだり、パスタやカレーなどの上に大きなエビフライが乗っていることが多い。

天むすは「エビ天+おむすび」で、手軽に食べられるので駅などによく販売されている。
本当は三重県にあるお店が考えだし、商標登録されている。名古屋では大須にのれんわけされたお店がある。


きしめん
うすく平らにしたうどん。愛知県刈谷市が発祥地。
「きしめん」の語源は、「原型は麺でなく碁石型だった(あるいは帯状の麺を巻いた状態が中国将棋の駒に似ている)故に、"碁子麺"が転じて"きしめん"となった」と言う説や、
「紀州の者が作った"紀州めん(きしゅうめん)"がなまって"きしめん"となった」と言う説、
「キジの肉をめんの具にして藩主に献上したから」など、諸説ある。
鰹節のきいたつゆをかけて食べる、カレーきしめん、味噌煮込みきしめん、ころきしめんなど、多様な食べ方がある。


味噌煮込みうどん
赤味噌仕立てのつゆにうどんと具材(鶏肉、月見卵、ネギ、シイタケ、餅などが一般的)を入れ、
土鍋で煮て作ったもの。
かなり味が濃いが、玉子が一緒に煮込まれているので、多少マイルドになる。
ライスと一緒に食べることもある。

味噌煮込みに用いられる土鍋の蓋は空気孔がなく、煮ている最中には使わない。
この蓋は食卓に出される直前に土鍋にかぶせられ、食事が始まるまで保温の役割を果たす。
そして、食事が始まると、この蓋を小皿代わりにしてうどんとその汁を蓋によそって冷ましながら食べる。
このため普通の土鍋の蓋のように空気孔があると汁が漏れ、食べにくくなってしまう。




冷やし中華 マヨネーズ添え
夏といえば「冷やし中華」。名古屋ではマヨネーズをまぜて食べるのが常識である。
マヨネーズは甘酸っぱいたれを、名古屋人好きなこってりした感じにしてくれる。
コンビニで売られている冷やし中華も、もちろんマヨネーズ付き。


[PR]お仕事、観光に疲れたらココ!愛知県刈谷市のマッサージ
体コース、足コース、体+足コース 10分¥900〜
★お二人同時に施術可能!ご夫婦・ご友人・カップルでお話しながら受けられる。
★疲れた所に手が届く、お好みの強さで指の腹を使ってもみほぐす、きもちい〜技術
★ウトウト眠ってしまう率84%

Google
 

Copyright (C) 2007-愛知県いんふぉCo. All Rights Reserved